開業15周年特別企画
大好評につき、実施期間延長決定!

THE JOURNALIST ~写真が明かす記憶(かぎ)~

開業15周年特別企画
大好評につき、
実施期間延長決定!

THE JOURNALIST

~写真が明かす記憶(かぎ)~

2015年からスタートした、ホテルの客室で謎解きと恐怖を味わえる「ホラールーム」シリーズの第6弾です。
客室の設定は、事件に翻弄されるジャーナリストの“自室兼現像暗室”。宿泊者は物語の主人公である“ジャーナリスト”として、部屋に隠された手がかりから失踪した少女の真実を解明していきます。
薄暗い照明や壁に貼られた多数の写真など異様な雰囲気を醸し出す空間演出はもちろん、実際に写真を現像して手がかりを見つけたり、ご自身のスマートフォンやタブレットを使ってジャーナリストの身に起こる“デジャヴ(既視感)”を疑似体験できる工夫をしており、ストーリーへの深い没入感を味わうことができます。

THE JOURNALIST ~写真が明かす記憶(かぎ)~

この宿泊プラン、及びストーリーはフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

[公式サイト限定] 謎解きホラールーム「THE JOURNALIST ~写真が明かす記憶(かぎ)~」(素泊まり)

ベイエリアにある住民無き洋館に時折「人影が浮かぶ」という噂を聞きつけ、一人の記者がこれらを記事にしようと思いつき、その洋館を訪れた。
管理人に案内されるまま、ある部屋に記者が足を踏み入れた途端、強烈な既視感“デジャヴ”に襲われる。
その体験をきっかけに、この洋館にまつわる身に覚えのない過去の出来事が次々とフラッシュバックして、記者の記憶に干渉し始めた。
なぜ、強烈な既視感“デジャヴ”が自分を襲うのか、自分はいったい、誰なのか。「現在」と「過去」の記憶が交差したとき、あなたは驚愕の真実に直面する。

【ご予約についての注意事項】
・1日1室 公式サイト限定プランです。
・客室の内装や設置物の表現に、強いホラー要素が含まれています。ホラー要素が苦手な方のご利用はお控えください。また、15歳未満の方のご利用はご遠慮下さい。
・重要なストーリー内容、または謎や答えが明確に判断できるSNS、インターネットでの投稿、掲載はしないでください。

ベイエリアにある住民無き洋館に時折「人影が浮かぶ」という噂を聞きつけ、一人の記者がこれらを記事にしようと思いつき、その洋館を訪れた。管理人に案内されるまま、ある部屋に記者が足を踏み入れた途端、強烈な既視感“デジャヴ”に襲われる。その体験をきっかけに、この洋館にまつわる身に覚えのない過去の出来事が次々とフラッシュバックして、記者の記憶に干渉し始めた。なぜ、強烈な既視感“デジャヴ”が自分を襲うのか、自分はいったい、誰なのか。「現在」と「過去」の記憶が交差したとき、あなたは驚愕の真実に直面する。

【ご予約についての注意事項】
・1日1室 公式サイト限定プランです。
・客室の内装や設置物の表現に、強いホラー要素が含まれています。ホラー要素が苦手な方のご利用はお控えください。
・重要なストーリー内容、または謎や答えが明確に判断できるSNS、インターネットでの投稿、掲載はしないでください。

宿泊期間 2020/9/4(金)~2020/12/20(日) ⇒ 2021/1/31(日)
料 金(食事なし) 【2名1室】1名様:14,500円~(税・サ込み)
【3名1室】1名様:10,500円~(税・サ込み)
【4名1室】1名様:8,000円~(税・サ込み)

※1名様でも利用可能となっております。その場合、2名様料金を頂戴いたします。予めご了承くださいませ。

※大好評につき、実施期間延長が決定しました!

▼予約受付開始日時▼
・2020年9月7日(月)15時~

この宿泊プラン、及びストーリーはフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

[公式サイト限定] 謎解きホラールーム「THE JOURNALIST ~写真が明かす記憶(かぎ)~」(素泊まり)

謎解きのミッション

sample

ミッションに従い、アナログ的手法にて、写真現像を擬似体験する。(イメージ)

金庫

発見した鍵で金庫を開けると、次の謎へすすむ重要な手がかりが・・・。(イメージ)

本作の謎解きミッションはジャーナリストとして「少女が失踪した真実」を再調査し明らかにすることです。客室の設定は“ジャーナリストの自室兼現像暗室”。古びたカーテン、壁面に無数に貼られた写真、切り取られた新聞記事、少女が大切にしていたクマのぬいぐるみ・・・。異様な空間が広がり、一瞬で宿泊者を本作の世界へと誘います。
部屋には謎解きキットや手がかりが用意されています。それらの謎を解きすすめる中で、個々のミッションとして、写真を水に透かして浮かび上がらせる仕掛けや、金庫の鍵を探して開けるといった、アナログ的な体験と、主人公である“ジャーナリスト”にたびたび起こる、謎を解くうえで多くの伏線が隠されている“デジャヴ”をご自身のスマートフォンまたはタブレットを使用して疑似体験ができます。
全てのミッションをクリアし、「少女が失踪した真実」にたどり着いた時、ジャーナリストに訪れる現実に愕然とすることでしょう。

謎解きのポイント

刃物を持った男

刃物を持った男が殺気をまとい、主人公に近づく(ストーリーイメージ)

●デジタルとアナログを融合させたホラー体験
スマートフォンやタブレットなどを用いるデジタルな手法と、
実際に触れるなどのアクションを起こさせるアナログな手法を組み合わせ、
ストーリーへの没入感を演出します。

●謎解きホラールーム企画チームが制作
多数の謎解きイベントを企画・運営・実施している専門会社とコラボレーション。
弊社の「謎解きホラールーム企画チーム」が考案したストーリーを基に、オリジナルの謎を用意しました。謎解き好きの方にも楽しんでいただけるストーリーを実現します。

●安心安全に楽しめる体験型謎解き
謎解きは客室内のみで行うため、謎解き中は同行者以外の方と密な状況になることはありません。
客室は、通常の清掃に加え謎解きに使用する備品等にもアルコール除菌を行います。

●開業15周年特別企画
おかげさまで7月に開業15周年を迎えたことにちなみ、15個の謎解きをご用意しています。

謎解きホラールームが
「15」倍楽しくなるストーリー

今回の謎解きホラールームに繋がるストーリーを全14章にてご用意いたしました。宿泊開始となる9月4日までの期間、順次公開していきますのでどうぞお楽しみください。

プロローグ~1st

”ジャーナリスト”

あるジャーナリストとの出会い
※このストーリーはフィクションです。

Read More

2nd~3rd

「既視感」

蘇るのは現実か幻覚か…
※このストーリーはフィクションです。

Read More

4th~7th

「姉妹」

二人の運命とは…
※このストーリーはフィクションです。

Read More

8th~11th

「調査」

真実へのレポート
※このストーリーはフィクションです。

Read More

12th~13th

「追跡」

いのちのゆくえ
※このストーリーはフィクションです。

Read More

14th

「記憶」

そして最終章へ
※このストーリーはフィクションです。

Read More